血なまぐさい事件は、ともかく。 | q92sp6 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: お悔やみ申し上げます

血なまぐさい事件は、ともかく。

返信

災害の方は、身の回りに親戚やら家族やらが住んでたりする知り合いとかがいる、とか。

そんな理由で書いたりするんじゃないかな?


まぁ対象は「実際に被害に合った人たち」ではなく、

「実際に被害に合った人を身近に持ってる知り合いetc」だと思えば、わからんでもないかな。


結局、言われた側(実際、被害に合った人たち)がどう思うかであって、蚊帳の外であーだこーだ言うことじゃないだろう。


>もし仮に自分の身内に不幸が訪れて、そのような発言をする奴がいたとしたら、どうしてやろうか。そいつの身内が死んだときに、平服で通夜に赴いて、香典も渡さずに「お悔やみ申し上げます」とひとことだけ言い残して去ってやろうか。

むしろ、こっちのが理解に苦しむな。

意趣返しのつもり・・・とか?

投稿者 q92sp6 | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: 血なまぐさい事件は、ともかく。

http://gj3vdg.sa.yona.la/5

返信

> むしろ、こっちのが理解に苦しむな。

> 意趣返しのつもり・・・とか?


本当にそんな意趣返しをしたら、それはただの非常識。

ブログにお悔やみ云々と書くのは、それくらいデリカシーのない行為と等価である、という修辞のつもりだった。

投稿者 gj3vdg | 返信 (2)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.